フジモンが後輩いじめ?!木下優樹菜、タピオカ店騒動。勘違いで反論できずに恥の謝罪。

芸能

タレントの木下優樹菜さん、元ヤンキー話は今でも話題に上がると笑いのネタになっています。

しかしもう2人の子を持つ親、それなりに年齢も重ねていますので、いつまでも粋がるのは逆に恥ずかしいと感じないといけない時期です。

しかし今でも夫、フジモンに対しての行為や言動など目に余るものがあり、育ちの悪さをイメージさせます。

そんな木下優樹菜さん、またやらかしてしまいましたね。

姉の経営するタピオカ店をこれまでは大々的に宣伝していましたが、突然「もう行かなくていいからね」と姉の営業妨害にも思えるInstagramのコメントを発信。今回の騒動の発端はこのコメントです。

また気性荒目の奥さんを優しくなだめるイメージの旦那、フジモンもいつの間にか奥さんに洗脳されたのか悪い噂が浮上しています。

スポンサーリンク

ヤンキーならでは?仲間意識が裏目に出た!姉の経営するタピオカ店、経営者は他にいた

今回、騒動の発端となっているのが木下優樹菜さんの姉が経営していると言われてたタピオカ店です。

「言われていた」ここがとても重要なのですが、姉が経営すると言われるタピオカ店オープン当初から木下優樹菜さんはSNSを利用して姉のオープンするお店を大々的に宣伝していました。

木下優樹菜さんほどの芸能人が発信するとなると、興味を持つ人も多く、木下優樹菜さん情報から足を運んだ人も多いはず。

しかしこれまで再三、宣伝していたタピオカ店。

突然「もう行かなくていいからね」と姉との関係を心配されるツイートを上げます。

でも、このツイートはごく一部、このツイートの前に「お姉ちゃんは、一緒にやっていた方に、裏切りのような行動などをされてしまい」このコメントをアップしています。

当初はお姉さんへの心配の声が多く寄せられていました。しかしここから展開は大きく変わります。

表の顔としてはお姉さんが悲劇のヒロイン。

そしてこれまで応援していた妹である木下優樹菜さんの宣伝も無念の結果にというシナリオでこの騒動は始まりました。

ですが、あの木下優樹菜さんです。姉を裏切ったとされる一緒にやっていた方に攻撃しないわけはありません。

もちろん裏ではなかなかの脅迫めいた言葉を投げています。

木下優樹菜の大人になりきれない幼稚な言葉

  • 弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね
  • 週刊誌に 姉がこういうめにあったって言える
  • 覚悟きめて認めなちゃい おばたん

これはほんの一部です。

もし仮に本当に木下優樹菜さんの姉が裏切られていたとしても、こうした脅迫と取られる言葉は簡単に口にしてはいけません。

そのことくらい大の大人なら、口を開く前に考えるべきです。

まして、2人の娘を持つ親です。子どものことを考えると、どんなに頭にきても一度呼吸を整えて正しく行動すべき。

実は、公のInstagramでは悲劇のヒロインぶったコメントを後悔していた裏では、しっかりヤンキー魂と言っていいのでしょうか。

抑えきれない感情をそのまま相手方にぶつけていたのです。

スポンサーリンク

裏切った相手と脅迫めいた言葉を使った木下優樹菜、5:5で決着はつかない

しかし、木下優樹菜さん側の言い分が正しければ木下優樹菜さんも相手側に謝罪することで、どこか落ち着きそうなこの騒動。

お互い悪かったね、ごめんね。

ここで終わらないのがこの騒動の闇です。

実は今回の騒動、10:0の可能性が非常に大きく、もちろん非があるのは木下優樹菜さん側です。

これまで姉のお店として宣伝していたタピオカ店、お姉さんは経営者ではなく従業員だったのです。

なぜ、木下優樹菜さんがタピオカ店オープン当初から姉のお店と公言していたのかは分かりません。

もしかするとお姉さんが木下優樹菜さんにそう伝えたのかもしれません。そこで鵜呑みにしてお姉さんのために一躍かって宣伝していたのかもしれません。

しかし実は経営者は他にいた。でもお姉さんもお店の問題から何かしらの理由でお姉さんが辞めることになり、頭にきて突っ走ってしまったのか?

現在、真相は分かりませんが、しかし木下優樹菜さんの自身のブランドを手がけるプロデューサーですよね。

お店を簡単に立ち上げることができないことくらい分かっているはずです。本当に姉が経営者であれば、立ち上げまでの過程なども細かく知っていたはず。

今回、経営者が別にいたとなると主体で動いていたのはきっと経営者。お店の場所や資金繰りなど

こうしたお店立ち上げまでの話はきっと姉の口から詳細はなかったのではないでしょうか。

少し考えたらお姉さんが経営者であるかどうかはきっと分かりそうなものですが、姉を経営者とし、本当の経営者に向かって攻撃するのはやはり筋が違います。

こうした木下優樹菜さんのあまりにも自分勝手な行為により、今回ダイレクトメールで脅迫めいた言葉を投げられた本人も反撃することになります。

そして公開されたのが先ほどの一部ですが紹介したあまりにも幼稚すぎる言葉の数々。

焦った木下優樹菜さんは「お店に行かなくていいからね」、「裏切られた」とするInstagramのコメントも削除しています。

スポンサーリンク

謝罪しても許されない?木下優樹菜の立場はどうなる?

結局、一人で大騒ぎして世間をかき回したのは木下優樹菜さん。

騒動の発端になるコメントすら削除しているわけですから、自分の非を認めていると判断できます。

さらに取り返しがつかない相手方に送ったダイレクトメールまで流出しています。

「一方的な凄く幼稚な発言だったと思います」このように謝罪していますが、時すでに遅し。

一時は木下優樹菜さん側に同情した人も多く、全ての人が騙された結果になりました。

また木下優樹菜さんさえ、余計なことを言わなければここまで大きな問題にはなっていなかったでしょう。

現に、ダイレクトメールの内容が公開されたのも、あまりにも理不尽なコメントを木下優樹菜さんが公開したからです。

相手方として頭にきていたでしょうが、全てを公にしようとは思っていなかったはずきっと関わりたくもなかったでしょうからね。

しかし何処か気持ちの収まらない木下優樹菜さんがさらに火に油を注ぎ、その非が自分に返ってきた結果となりました。

さて、これまでも生意気めいた発言やSNS上での暴言がたびたびピックアップされ炎上を繰り返している木下優樹菜さんですが、いつまでも許されると思っていると痛い目を見そうです。

スポンサーリンク

嫁の影響か?フジモンまでも後輩いじめの加害者に!

こうした木下優樹菜さんの騒動が起こると「フジモン、本当にかわいそう」など、夫であるお笑い芸人の小心者キャラ、藤本敏史にも注目が寄せられます。

しかしなんと小心者キャラのフジモンも、嫁の影響なのか日頃のストレスのはけ口にしているのか、最近はよくない噂を耳にします。

お笑い芸人の後輩いじめといえば、いま渦中にいるのはTKOの木下さん。

なかなか卑劣な行為をしていたようなので、現在も今後が見えずに本人も怯えているでしょう。

木下隆行の家族、元嫁と愛娘は暴行問題どう思う?被害者が明かす裏の顔。
お笑いコンビTKOのぽっちゃりふくよか、どこか鶴瓶さんを思わせる木下さんが後輩に対する暴行について話題になっています。どちらかというとコンビ2人で並ぶと強面のイメージを持つのは相方の木本さん。しかし人の裏の顔は怖いもの。見た目やボケ役と...

しかし後輩いじめの話が出ると検索ワードに「フジモン」のワードも出てきます。

一瞬、フジモンのキャラ的に被害者?と考えますが、フジモンも経歴は長く、やはり加害者として上がってくるのです。

標的となったのが平成ノブシコブシの吉村崇さんです。事の発端は有吉弘行さんからの質問。

有吉弘行さんはフジモンと後輩にあたる平成ノブシコブシの吉村崇さんに「どっちの方が仕事が多いの」と質問しました。

最近テレビでよく見るのは後輩である平成ノブシコブシの吉村崇さんです。

またフジモンも出演数が減っていることを自覚していましたが、「俺は休みないねん、テレビでよう見るやろ?」と笑いを交えて返しました。

すると後輩の平成ノブシコブシ、吉村崇さんは「藤本さんの出るテレビって吉本制作のテレビだけですもんね」とイジり返しました。

お笑い芸人たるものここはさらに笑いにつなげるべきシーンですが、急にフジモンの怒りは爆発!

「お前調子乗んなよ」と後輩である平成ノブシコブシの吉村崇さんの口を掴みスゴんだのです。

のちに、こうした行為を取ったのは吉村崇さんの返しは面白くないイジリだったからと釈明していますが、実際のところどうなのでしょうか。

これまで小心者キャラ、嫁の尻に敷かれる夫というのはテレビ向けの顔というよりはフジモンの素の性格もあっての笑いが取れていたと思います。

そんなフジモンが後輩に対して威圧するなんて、やはり嫁の影響?日頃の鬱憤?と考えた方が自然な気がします。

スポンサーリンク

まとめ

夫のキャラまで変えてしまう、絶対主義の木下優樹菜さんなのでしょうが、そろそろ自身の立場を考え、見つめ直さないといけない時期でしょう。

タイトルとURLをコピーしました