校内飲酒多発!校長が児童就寝の隙に保護者と?修学旅行中の飲酒、校内をふらつく?

ニュース

教諭のいじめとは言えない、犯罪に値する卑劣な行為が現在、深刻な問題になっています。

ネット上でもニュースとして「いじめ」と表現することに怒りの声は上がっています。

そんな神戸市立小で起きた信じられない教諭の行為に被害者は他にもいたと教育の現場に対する厳しい目が向けられています。

さらにこうした問題がある中で、中には校長の校内での飲酒問題もまた話題になっています。

スポンサーリンク

学校内での教諭の立場は崩れている

現在、大きな問題になっている神戸市立小で起きた教諭の同僚に対する卑劣な行為、いじめとして終わらせることは許せないとネット上で怒りの声が飛び交っています。

もちろん私自身も同じ気持ちです。犯罪として取り扱い然るべき罰を下してもらえるように願います。

またこうした児童の前に立つ教諭が信じられない行為をしていると知ると、預ける親の立場としても安心して学校を信頼することはできないでしょう。

いま、児童の心のケアはもちろん、学校側は早期に体制を整えないといけない中で、またしても職員の不祥事が発覚しました。

神戸市立小20代男性教員、同僚から受けた卑劣な集団いじめ
いじめ問題が深刻化する日本。なかなか大人の目が届かないところでの陰湿ないじめが消えません。さらに今回、大人であり生徒の見本になるべく教師が集団で同僚に陰湿ないじめを繰り返していたと言うのだから耳を疑いたくもなります。しかし事実であり...
スポンサーリンク

学校の顔、校長が児童が就寝後に保護者と飲酒

兵庫県加東市の市立小学校に勤める男性校長は、学校内でPTA主催で開催されたキャンプ中に、児童の保護者と飲酒をしていたことが分かりました。

今回のキャンプは12日で行われており、児童は体育館内にテントを立てて一夜を過ごします。

日中は保護者も参加し、料理の準備や肝試しの準備などを行いましたが、児童が就寝の時間前には一時帰宅しています。

この時間からの保護者の安全確保は担任教諭と校長に任されていましたが、一時帰宅した保護者のうち4人の保護者が学校に戻り、児童の就寝する体育館でなく校長室に集まり、そこで日本酒やビールを飲んだそうです。

もし、就寝している児童に何かあったら、いくら大人とは言え、お酒の入った状態で適切な対応は取れません。

担任教諭は飲酒をしていなかったと思われますが、それでも本来児童の安全を守るために学校内に残った校長は、その役割を果たしているとは言えません。

男性校長は「今後、信頼関係を回復させるため、近く保護者らに対し説明と謝罪の場を持つ」と話しているそうですが、説明とはなんなのでしょうか。

スポンサーリンク

修学旅行中、児童の自主研修中の飲酒

今回、取り上げられている校長の飲酒問題は直近に発覚した兵庫県加東市の市立小学校の男性校長の飲酒問題ですが、少し遡ると校長、教諭の飲酒問題は他にもあります。

福岡県内の公立中の50代の男性校長と男性主幹教諭は、修学旅行中、生徒が自主研修を行なっている昼間に飲酒をしていたことがありました。

この時、校長は「教諭へのねぎらいや慰労のつもりだった。」としていますが、修学旅行中といえば、家族とも離れ生徒は過ごしています。

親の心配は普段以上にあるものの、引率の教諭、校長を信頼して任せているはずです。

そんな校長と教諭が飲酒、さらには昼間と言うのだから考えが甘すぎたでは許されません。

この時の不祥事により、修学旅行中の飲酒を巡っては緊急対応や安全管理に支障を招く恐れがあるとして、全国の学校で教諭が処分されています。

スポンサーリンク

児童が授業中に校内をふらつく校長

なんとも信じ難いのは、児童が授業中に校内でふらつきながら歩く校長がいたようです。

学生時代、時折校長先生が教室を覗きながら校内を歩くことありましたよね?どこか背筋が伸びる瞬間だった記憶があります。

それだけ、生徒にとっては普段あまり関わりのない校長先生ですが偉大な人だったはずです。

そんな校長がふらつきながら校内を徘徊するなんて信じられませんよね。しかしそんな校長もいたのです。

愛知県の市立中の男性校長の様子がおかしいと校長室へ行くと、なんと缶チューハイが見つかりました。

この時、当時の教諭は正しい判断をしてくれたのですぐに校長の行動を教育委員会に報告。

しかし校内であまり出入りの少ない校長室でこそこそ飲酒する校長です。もちろん否定しました。素直に認めないところも許せないですよね。

素直に認めないからアルコール検査を実施されたのですが、しっかり呼気1リットル当たり0.4ミリグラムのアルコールが検出されました。

なんと校長室にあった校長のリュックにはチューハイの空き缶2本と未開封の缶1本が入っていたんだとか。常習的に飲酒を行なっていた可能性もかなり高いです。

信じられないことですが、実際にあった校長の不祥事です。

スポンサーリンク

まとめ

今回1番注目されている、神戸市立の教諭の卑劣な行為に対しても、校長がすぐに対応していたら大きな問題にもならず、若い教諭の未来を奪うことはなかったかもしれません。

今後はしっかり教育現場を立て直し、適切ではない教諭は即刻処分など厳しい対応を取っていかないと児童、保護者の信頼を取り戻すことはできないと思います。

タイトルとURLをコピーしました