連れ去り容認の日本、我が子と引き離される親。外交問題も悪化、単独親権問われる

ニュース

「もう、パパとは会っちゃダメ」

こんなセリフを聞いて何を想像しますか?

きっと離婚した両親、そしてその母親に言われるセリフと想像するでしょう。

それが日本です。日本は離婚が決まると親権問題が出てきます。そして母親と暮らすのか父親と暮らすのか

大半は母親です。裁判官も母親に対して問題がないと判断すれば子どもは母親といる方が安全で幸せと判断します。

今こうした日本の一種の風習とも言える「単独親権」が外交問題として深刻化しています。

スポンサーリンク

両親の離婚から親権問題が出てくる

日本の離婚率は上がりました。そして再婚率も比例するかのように上がりました。

そして残酷な児童虐待問題も増えています。

この背景には日本の「単独親権」という極端に親権を母親、父親どちらかに権利を持たせる制度にあると考えます。

なぜか?その一番の理由は、すでに理解している人も多いかと思いますが「児童虐待」このニュースの大半は再婚相手が犯行を犯していたり、または実の母も共謀して我が子の命を奪う事件が増えているからです。

もし、単独親権にとらわれずに、父親との面会も自由にできたら?

子どもは父親との時間に心を開いていたかもしれません。

現に、日本国内でも単独親権の上で我が子と会いたくても会えない父親は多く存在しています。

いま、ここでなぜ父親と断定しているかというと日本が「母親優先」の国だからです。

離婚後に父親が親権を持つのは稀です。

つまりそれだけ母親といることが子どもに影響が大きいと判断された時のみ父親が親権を持つことが許されます。

しかし同等の立場なら、優先されるのは母親です。さらに母親は強い特権が持てるのも日本特有です。

養育費はもらう、でも子どもとの面会は許さない。

母親がこう告げると父親はどんなに子どもに会いたくても会う権利を持たせてもらうことができません。

離婚となるとどうしても父親の立場は低くなるのが日本です。そこで子どもに会えないと表現するなら父親という立場でお話ししています。

養育費の問題はもちろんですが、それも離婚にあたっての夫婦間の問題。

しかし裁判官が介入する中で最も重視するのは親権の問題です。

裁判官としても今後の子どもを思っての判決なのでしょうが、我が子に愛を持つ父親に対して我が子との壁を作る権利は実はないのかもしれません。

スポンサーリンク

外交問題が深刻化している日本の単独親権

このように、離婚するにあたって親権問題が取り上げられる国は稀なのです。

日本に住む以上、それが当たり前として考えていましたが、近年の虐待のニュースを見ると

「この子は母親に引き取られて良かったのかな?」

と深い悲しみを覚えるニュースは増えています。

また、離婚後に母親に引き取られて幸せに暮らす子どももいますが、どこか実の父親を求めるのが子どもです。

母親の前では我慢をしていても、どこか父親を求めます。

こうした子どもの気持ちを奪っているのも単独親権の問題の一つだと感じます。

実際に私の友人は離婚しています。子どもが2人います。運動会のときに父親がこっそり応援に来ていました。

子どもは父親を見つけると喜んでいる姿を私は目にしました。しかし私の友人はその元夫の元へ行き会場から出るように告げました。

友人の子どもは「パパが来てた!パパはどこ?」と母親に言っていました。ママが帰したわけですからなぜいないのかママには分かりきったことですが、「パパ来てたの?知らないよ。パパとは会っちゃダメなの!」と娘に諭していました。

私は友人の娘が普段はパパの話を我慢していることを知っています。

だからこそ、嬉しくて思わずママにパパの話をしたことも分かっています。

なぜだろうどこか淋しく、でもママの立場もあるので何も言えずに友人の娘に声をかけることができませんでした。

でも、日本は離婚後に母親に親権が渡ると母親絶対の国です。

父親が我が子に会いたいと言っても、母親が拒否をすれば受け入れてもらえません。

その結果が、母親が新たに選んだパートナーによる虐待につながるケースが多いにも関わらず、未だ日本は母親親権優先であり母親絶対の国です。

スポンサーリンク

深刻化している外交問題

このように単独親権で子どもの今後を決める日本。いま深刻な外交問題が抱えています。

我が子をトランクに入れられて連れ去られたフィショ氏

20188月、フランス出身のヴィンセント・フィショ氏は、普段通り仕事から帰路につくと、妻と息子、娘が姿を消していました。

後にガレージの防犯カメラでトランクに入れられた娘と逃げるように去っていく妻の姿が映っていたのです。

フランスは離婚したとしても子どもの親権は父と母にある共同親権を持つ国です。

いくら母親だとしてもれっきとした誘拐であると主張しますが、母親の弁護士から「今後のご連絡等はすべて当職までいただきたい」と紙切れ一枚が届き、以降我が子とは会えていない状況です。

また母親だからと急にこうした行動をとり、父親から親権を奪うことはできません。

フィショ氏の妻はDVを受けていたとして、弁護士を通して父親と子どもを引き離すように申請していましたが、当時妻が理由としてあげていた「家から出してもらえない」という内容も、妻は買い物に行き外食にも出ていたことが領収書やカード明細で分かっています。

それでも今なお、フィショ氏は我が子を抱きしめることができずにいるのです。

子どもたちの権利のために闘いたいと訴えるペリーナ氏

イタリア出身のトッマーソ・ペリーナ氏は、休暇を利用して2人と子どもを連れて妻が帰省した数日後に突然離婚を告げられました。

その理由もDVが原因であるという内容でした。しかしこれもまた虚像と分かっています。

しかし当たり前に帰ってくるであろう妻とそして大事な我が子を送り出したのが最後、ペリーナ氏もまた我が子から引き離されている一人です。

ペリーナ氏は仙台家庭裁判所は、「面会交流権」を求めましたが、妻がその命令の受け入れを拒否。会えるすべもなく今も我が子の成長した姿を見たいと願っています。

スポンサーリンク

単独親権の問題に向き合わざるを得ない日本

フィショ氏もペリーナ氏も、共同親権制度の国で育っています。離婚をしたからと我が子と引き離されることに理解ができないのも当然です。

またフィショ氏もペリーナ氏も離婚後も我が子との面会に向けて日本に住み続けています。これだけ愛を持っている父親と日本の制度ということで引き離していい問題ではありません。

実際、元妻が行なっている行為は我が子とは言えど「連れ去り」と主張しています。

そして2人の後押しもあり昨年、26人のEU加盟国大使が親に会う子どもの権利を尊重するよう日本に訴えかける文書も出されています。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、フィショ氏に対する行為を「容認できない」と言及、イタリアのジュゼッペ・コンテ首相も両親の権利について安倍首相と会談しているそうです。

これだけ世界規模の問題が起きている、日本の単独親権、国内の政治家、行政、裁判所も制度改革に動き出さないといけない時期なのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

離婚と聞くと、以前は父親に非がある。母親と一緒にいる方がいいと私自身も考えていました。

しかし近年増える虐待の問題を考えても、母親だけに親権を与えるのは子どもの命を奪う危険もあるのではないかと考えます。

また今回の2人の父親のように我が子に会うことを熱望する父親もいるのです。

いま日本には多くの問題がありますが、幼い子どもの未来を考えると早期に対応してほしい問題の一つであると感じます。

タイトルとURLをコピーしました