台風19号でフル稼働!首都圏地下の“防災地下神殿”、首都圏外郭放水路って何?見学は無料?

ニュース

2019年10月12日に本州に上陸し、猛威を奮った台風19号。各被災地で避難生活を送る皆さまに、この場を借りて心よりお見舞い申し上げます。

台風19号は関東地方にも大雨をもたらし、一部地域では冠水被害も出ましたが、台風の勢いを考えると、もっと大洪水が起こってもおかしくないのに、と首をひねっている方、いらっしゃいませんか?

実は、今回関東地方で目立った水害がなかった理由の一つに、今回ご紹介する首都圏外郭放水路の存在が挙げられているんです。

通称は“防災地下神殿”。「あ、聞いたことある!」「ネットで出回っているあの神殿みたいな画像のこと?」そう思った方は大正解。ネット上で“地下神殿”と称されている場所は、首都圏外郭放水路の「調圧水槽」と呼ばれる部分です。

今回の台風19号から、首都圏一帯を守り、被害を最小限に抑えた首都圏外郭放水路。その詳細を本記事にてご説明します。

スポンサーリンク

首都圏外郭放水路、概要

首都圏外各放水路は埼玉県から千葉県にかけて地下に伸びる調整池(洪水を防ぐため雨水を一時的に貯める池)です。全長は6.3km、地下50mの位置にあります。
世界でも最大級の地下放水路だそうで、海外メディアの取材も多いそうです。

愛称は「彩龍の川」。地上には「地底探検ミュージアム龍Q館」があり、治水施設であると同時に、観光施設としての側面も持っています。

スポンサーリンク

首都圏外郭放水路ができた理由

首都圏外郭放水路の上には、綾瀬川や中川の他、水路も合わせて計六本の川が流れています。そしてこの綾瀬川・中川流域というのは、皿のような地形になっていて、昔から水が溜まりやすく水害に弱い地域だったのだそうです。

そこで、この地下に巨大な川を作って綾瀬川・中川の水を取り込み、比較的水害に強い地域にある江戸川に流そう、という計画が建てられました。これが首都圏外郭放水路です。

 

出典:https://www.gaikaku.jp

各川の水は、巨大なポンプで汲み上げられて、この立坑と呼ばれる部分に取り込まれ、

 

出典:https://www.gaikaku.jp

その後、皆さまお馴染み、この地下神殿を思わせる調圧水槽に溜められ、放水路を通って江戸川に排出されます。

首都圏の地下に、こんな大規模な施設があるなんて、ちょっとスケールが大きすぎてピンときませんね。

スポンサーリンク

見学はできるの?料金はかかる?

以前は土日のみ見学可、時間も日に三回ほどだったそうですが、2018年8月より、社会実験として、見学会のツアー化が行われています。現在は毎日、日に7回ほど見学会が実地されているそうです。

安全上の理由から、見学は前日までにネットか電話での事前申し込み制で、個人・団体で直接申し込むほか、一部の民間ツアー会社でも申し込み可能です。

コースは立坑体験コース、ポンプ堪能コース、地下神殿コースの三種類があります。料金はそれぞれ3000円、2500円、1000円です。

汚れてもいい、歩きやすい服装で参加しましょう。高所の移動があるそうですので、高所恐怖症の方はご注意ください。また、施設内は夏場でも16度ほどしかないそうなので、寒がりな方は防寒対策グッズがあると安心です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか? 普段は観光施設にもなり、いざという時は首都圏を水害から守る、とても頼もしい首都圏外郭放水路ですが、可能な限りこの施設が活躍する場面がありませんように、と筆者は願わずにはいられません。重ねて、台風19号で被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました