西田有志のサウスポーの強み!家族愛、地元愛が強さの秘密?所属チームは兄の職場?

トレンド

現在開催中の男子バレーワールドカップ。日本は女子の注目度が高く、男子はメダルに遠いとして注目度が下がっていました。

しかし蓋を開けてみたら?あのイタリアをストレートで下し、見事初戦初勝利!

顔なじみの選手の活躍はもちろんですが、今回特に注目されているのが「西田有志」選手。

え?この選手すごいんだけど誰?そんな気になる西田有志選手についてみていきましょう。

スポンサーリンク

西田 有志(にしだ ゆうじ)のプロフィール

  • 生年月日:2000年1月30日 
  • 出身地:三重県員弁郡大安町
  • ポジション:オポジット
  • 所属:ジェイテクトSTINGS
  • 身長:187cm
  • 体重:80kg

バレーボールの世界では驚異と言われる左利き。バレーボールはローテーションでポディションを回しますが特に苦手とされるのがライトから打つスパイク。

しかしライトから左で打てる選手のボールのスピードは落ちません。相手チームに左利きの選手がいるだけで少し驚異感を感じるほどです。

そんなバレーボール界では無敵とも言われる左腕で強いスパイクを打つ西田有志選手。スパイクの最高到達点は346cm、ブロックに関しては330cmの高さを持ちます。

スポンサーリンク

西田有志の家族愛、地元愛に熱い経歴

2019年、ワールドカップで突如として出てきた新人、そんなイメージが強い西田有志選手ですが、こうして大舞台で活躍するのですから、やはり幼少期からバレーボールの環境で育っています。

西田有志選手がバレーボールに出会うきっかけは「兄と姉がやっていたから」兄姉がいる家庭ではごく普通のきっかけの一つです。

しかし西田有志選手に関しては少し違います。兄の影響、姉の影響、もちろん兄姉がいると見様見真似で同じことをしたがるのが下の子ですが、西田有志選手はどこか家族愛、地元愛を感じさせる人です。

その理由というのも、幼少期に何かを始めるきっかけは身近にいる家族であっても、物心つく頃には自分の意思というものを確立し、これまでの環境を毛嫌いする人も増えます。

特に小学校卒業、そして中学校に上がる頃。これまで当たり前にしていたことを恥ずかしく感じます。そんな気持ちは次第に強くなり中学を卒業する時期には自分のやり方、自分の道を切り開こうと高校に進学します。

これは至って自然なことですが、西田有志選手は兄と姉の影響からバレーボールを始め、いなべ市立大安中学校在学中もバレーボールを続けます。

いまこれだけ注目される選手です。中学時代も第28回全国都道府県対抗中学バレーボール大会の三重県選抜チームに選出された経験を持っています。

バレーボールが好きで自分の中でも強さを感じられる、こうした経歴を持つ中で高校進学前に声がかかります。

西田有志選手に注目したのは当時愛知県内でも強豪と言われていた星城高等学校です。バレーボールで活躍したい!自分がどれだけできるのか挑戦したい!そう感じるならこの声かけに首を横に振ることはないでしょう。

しかし、西田有志選手は強豪校で活躍することよりも「地元がいい」この理由で三重海星高等学校への進学を選びました。

幼少期の何も分からない時に兄と姉の影響から始めたバレーボール。物心ついた時には手を離しても良かったはず。

しかし西田有志選手は兄と姉の影響をそのまま受けバレーボールを続け、容易に声のかかることのない強豪校からの誘いを断り地元校でバレーボールを続けます。

高校時代の成績は良くなかった、西田有志自身の技術でU-19入りを果たす

スポーツというのは面白いもので、どんなに技術が長けていても周りの環境でその技術力は周りの目には映らなくなります。

当然といえば当然です。特にチームの一人となるとどんなに華麗なスパイクを決めたくてもそこまでのレシーブ、トスが当たり前に流れてこないと本来の力は発揮できません。

地元愛から地元の高校を選び、三重海星高等学校に進学した西田有志選手も、なかなか環境に恵まれず高校バレーの目標とも言える春高バレーへの出場経験はありません。

いま、日本代表で活躍する選手のほとんどは春高バレーで目をつけられチームに所属し日本代表に選ばれています。

そんな大きなチャンスの舞台に一度も上がることができなかったのです。

しかし誰もが目を止めない、目を向けない中で西田有志選手は己の力をしっかり見せつけていました。その結果、チームとしては結果を残せないチームに所属しながらも第11回アジアユース男子選手権大会(U-19)のメンバーに選出され、さらに大会では優勝を果たしています。

スポンサーリンク

所属するジェイテクトSTINGSも兄の一声?!

どんな環境でも実力は本物と、人の目を引き寄せる西田有志選手、日本代表で現在活躍しています。

西田有志選手を知る人はコートに立っているのが当たり前の存在でしょうが、こうした経歴を知るととても興味深い選手ですよね。

また現在所属するジェイテクトSTINGSもまた、兄の一声と言うのですから、人情味熱く素直な人だと言うことも分かります。

高校時代にアジアユース男子選手権大会(U-19)のメンバーに選出された西田有志選手。獲得したいチームは多かったはずです。

しかし選んだのは兄の働くジェイテクト。兄の「バレーボール部もあるんやで」この一言でジェイテクトに入ることを決めたんだとか。

ここまでくるとバレーボールで活躍したいのか?バレーボールを純粋に楽しみたいのか?どっちなの?と言う感じですが、好きなことを好きな場所でしたい人なのでしょう。

好きと好きがたくさんある環境が、西田有志さんの本領が発揮できる環境なのかもしれませんね。

常に前を向く西田有志

西田有志選手が注目されてから多くのメディアが西田有志の言葉を集めようと取材を依頼します。

そこでここまで書いた西田有志選手のイメージを裏切らない西田有志選手の名言が次々に出てきます。

男子バレーのメダルの遠さについて問われると、「やるのは自分たちですし、メダルを獲るも獲らないも自分たち次第。」とメダル獲得の可能性を感じさせる言葉を口にします。

開催中のW杯バレーに関しても楽しみを口にする余裕さ。そしてワールドカップ出場で「すごい選手だな」と思われたいし、「日本ってすごいな。いいチームだな」と思わせたいと口にしています。

スポンサーリンク

まとめ

常に前を向き、不可能なことはない!そんな強い気持ちを前面に出す無敵のプレイヤー、西田有志選手。

今年の日本男子バレーボールの成績を左右する最重要人物になるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました