自閉症の子、ファーストクラス希望でパニック発作。離陸直前の機内混乱!

トレンド

いま、ネット上で話題なっている乗員乗客全員で、無事に飛行機を離陸させ快適なフライトにつなげた感動のニュース、ご存知ですか?

つい先日、海外在住の友人の帰国でいろんな海外あるあるを聞いた私ですが、その時の話をふと思い出したニュースでもありました。

今回のニュースにはたくさんの愛が詰まっています。一時は離陸断念まで考えた乗客の愛のこもったお話です。

スポンサーリンク

4歳、自閉症を患っている男の子の離陸直前のパニック発作

今回、話の中心にいるのはアメリカテキサス州在住のブライセン君。彼は自閉症を患い、時にパニック発作の症状が出ます。

この時、ママのロリ・ガブリエルさんとユナイテッド航空の飛行機に乗りサンディエゴからヒューストンに飛び立つ予定。

チェックインを済ませ、いざ機内に。この時離陸の準備は始まり、乗員乗客全て機内にいます。いよいよ、離陸のとき。

ここでブライセン君はパニック発作を起こします。

ママが焦る気持ちはすごく分かります。私も子を持つ親。2歳前までは寝てくれる時期。特に構えずに飛行機を利用できていました。

ですが、自我も芽生え2歳過ぎた頃からの飛行機は憂鬱なものでもあります。なんとか機内では静かにしてほしい、親の気持ちってそんなものです。

周りの人にも迷惑をかけられないですからね。また隔離されたら場所は上空。簡単に解放感を与えてあげられるわけでもありません。

まだ我慢、待つこと、周りへの配慮というのが理解できないこの時期の子連れの飛行機はどの親でも難しさを感じます。

さらにブライセン君のように心が乱れると、手がつけられなくなる状況となるとガブリエルさんも搭乗したものの、降機を考えたはずです。

ブライセン君の機内での様子

ブライセン君は離陸寸前に座席のシートベルトを嫌がり、床の上に座り「ファーストクラスに行きたい」と暴れていました。

普段は飛行機が大好き。しかし自閉症というのは同じ空間でも心が乱れるとパニックを起こし、症状を抑えるためには時間がかかります。また環境を変えてあげること重要になります。

しかし今回のブライセン君の要望をママは聞いてあげることはできません。ファーストクラスで予約しているわけではないですからね。

なんとか息子を抱きかかえ座席に座らせようとしますが、この時のブライセン君は望みが叶わないと分かるとさらに暴れます。

のちにこの時のことを振り返り、取材に応じたガブリエルさんは「息子を抑えておくことは到底無理だった」と口にしています。

本来であれば我が子を落ち着かせ、時間内に離陸させるのは親の務め。しかしブライセン君の患っている自閉症という疾患はいくら親でもその義務を果たすことができないこともあります。

いよいよ降機も考えたであろう時、この日乗員していた客室乗務員の3人が声をかけます。

「助けられることはありますか?」と。

ガブリエルさんは本来4歳の子どもは一つのシートに座ることが原則。しかしなんとか膝の上に乗せてもいいか希望します。

客室乗務員は乗客の命を守ることが優先。次に考えるべきことはその状況によって臨機応変に対応することです。

ブライセン君をこのまま一つのシートに座らせる方が危険と判断し、ママの膝の上に座られシートベルトを装着。この客室乗務員の対応で飛行機は無事離陸します。

スポンサーリンク

ブライセン君と客室乗務員、乗客みんなで飛んだ最高のフライト

もちろん、一時的にママの膝の上に座ることができただけで、ブライセン君が落ち着いたわけではありません。

パニック発作を起こしている時に、無理矢理抑えつけ行動を制御するのは時間が長ければないほど逆効果。

症状を抑える方法は、やはりその時の本人の希望を叶えることです。ブライセン君はファーストクラスに行きたいと言いますが、それはできない。

そこで次に取った行動は離陸からシートベルト着用サインが消えたタイミングです。

ブライセン君は興奮状態の時に振動を与えると心地よくなるようで、シートベルトを外した後は床の上に座らせてもらいました。

少し落ち着きは取り戻したものの、いつまたパニック発作が現れるかわからない状態。

客室乗務員の判断「ファーストクラスへ移動」

床の上に座るブライセン君を見て、なんと客室乗務員は快適な振動が刺激になるならとファーストクラスへの移動を許可したのです。

ガブラエルさんも少し肩の荷が下りたはずです。そのままファーストクラスに移動したのですが、まだ不安定だったブライセン君は他の乗客の座席を蹴り出しました。

乗客みんなの心温まる配慮

念願のファーストクラスへ移動しても暴れてしまうブライセン君。ガブリエルさんも申し訳なさが募ります。すぐに頭を下げ、他の乗客に謝ります。

「気にしていないよ」

ファーストクラスを希望する人は機内でも落ち着いて過ごしたい気持ちがあるから、高い金額を払って飛行機に乗ります。

しかし突然、子どもが暴れ出す空間になるのです。気持ちの中ではイラつきの感情が湧いてもおかしくはありません。

ですが、ファーストクラスで座席を蹴られた人は「気にしてないよ」この言葉を返します。

さらにファーストクラスの乗客はブライセン君の状態を察知したのか、名前を聞いたりスマートフォンを見せたり、自由に動き回るブライセン君に対してみんなが親切に対応してくれました。

正直、ここまでその空間にいた人たちみんながこうした対応ができるのは珍しいことだと思います。

冒頭で私が友人から聞いた海外あるあるの話では、日本に帰国すると日本の良さが凄く感じるという話が大半でした。

でしたが、ただ日本人は少し子どもに冷たい。そう口にしていました。日本は忙しい国です。電車に乗り遅れないため、満員電車を避けるため、常にハイペースに過ごしています。

そこで小さな子どものローペースな姿に、舌打ちをされたり、すごく迷惑そうな顔をされることが海外とは違うなと感じたと言っていました。

そんな話を最近聞いていたので、今回のこのニュースには色々と考えさせられるものがありました。

スポンサーリンク

非番の客室乗務員からの雑誌の切れ端

最後に、離陸前から息子のパニック発作で機内では生きた心地がしなかったであろうガブリエルさん。

ガブリエルさんの近くに座っていた非番の客室乗務員から小さな雑誌の切れ端をもらいます。

「私はあなたの強さを称賛します。迷惑を掛けている、重荷になっているなんて思わないで下さい。彼は天の授かりものです。神はあなたの忍耐、愛、献身、強さを祝福しています。スーパーウーマンであり続けて下さい」

ガブリエルさんは今回のフライトで、たくさんの人の愛を感じ、感謝しているそうです。

スポンサーリンク

まとめ

周りで暴れるお子さんさんがいると、気にしていないよという素ぶりは取れても、行動に移し、親の心を感じ取ることまではできないと思います。

ただ、今回世界中で今話題になっているこの出来事からたくさんの人が少しでも助け合いの心が持てるようになったらいいなと感じます。

タイトルとURLをコピーしました